×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタボリックシンドロームの対策方法1

メタボリックシンドロームになると動脈硬化が進んでいることがあり、それに自分ではまったく気がつかないことがほとんどです。ここではメタボリックシンドローム対策の中でもとくに動脈硬化についてご紹介します。内臓脂肪が蓄積されることで中性脂肪が増えて、善玉コレステロールが少ないと血液の流れが悪くるのです。

メタボリックシンドロームの対策方法2

中性脂肪の多い人はほぼ全員血液がドロドロしています。メタボリックシンドロームの対策が遅れると結果、血液がドロドロの状態になり動脈硬化が進行すると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を起こすことがあります。動脈硬化によって一時的に血液が心臓に送られない状態が狭心症です。心筋梗塞というのは心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなっておこります。それは血管に血の塊が詰まり(血栓)血液の流れが止まってしまうのが原因です。さらに脳の血管に血栓ができてしまい、脳細胞に血液が流れなくなるものが脳梗塞です。メタボリックシンドロームにより動脈硬化が進行すると、このような病気の原因となることがあるので気をつけなければなりません。

メタボリックシンドロームの対策方法3

これらの脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などは命に関わる病気です。メタボリックシンドロームで一番恐ろしいのはこの動脈硬化だといえるでしょう。「少しくらい中性脂肪が高くても平気だ」などと軽く考えていると様々な条件と重なることによってメタボリックシンドロームを発症し、これらの病気の危険性が高くなります。検査によって動脈硬化の危険性が数値としてあらわれた場合は、生活習慣の改善によってメタボリックシンドロームと決別しサラサラの血液を目指して、日々の生活からメタボリックシンドロームの対策をましょう。

Copyright © 2008 メタボリックシンドロームの対策方法